fes IN fes!! 縁劇フェス【かまとと小町】劇団紹介!! 【6/4】

かまとと小町

かまとと小町とは……。

かまとと小町とは・・髙道屋沙姫、尾形柚香、羽室ミユ、総合クリエイター福島直季からなる女子3人とヤギ1匹による姦しい演劇ユニット。2015年5月に結成し、結成3ヶ月にして大阪短編演劇祭で最優秀賞と観客賞をW受賞し、大大阪舞台博覧会、全国学生演劇祭への出場を果たす。その後、ABCホールで行われたエミちゃん祭り2016に出場し、尾形がコメンテーター特別賞を受賞した。

チクッと胸が痛くなることをクスっと面白くをモットーに、女性特有の苦悩や葛藤を愛嬌たっぷりと表現している。また個人では、他劇団への客演他、脚本提供、ラジオドラマ出演、音楽制作、WS講師、劇評など活動の幅を広げている。

羽室ミユさんからのコメント!!

とってもドキドキしています。今までも、大阪短編演劇祭やエミちゃん祭りなど、演劇のお祭りにご縁で出場させていただいていましたが、まさかスペドラ○にも参加させていただけるとは!本当にうれしいです。

今回のspace×drama縁劇フェスのテーマは「縁」ですが、かまとと小町は結成2年とちょっとの、人間でいうところやっと喋られるようになった位の赤子ユニットです。そんな私たちの活動を支えているのはまさに「縁」だと、私たちは思っています。

点と点がつながって、線になって、それがまたつながって、おおきなわ○になったら素敵だなあ。

「縁」ということでもう1つ。実は、かまとと小町結成のきっかけになった大阪短編学生演劇祭はシアトリカル應典院で開催されました。私たちのはじまりの地で、今回大きな節目を迎えるspace×dramaの企画に参加する、これも、「縁」ですね。繋ぎ繋がれ演劇のわ!

このように意気込んでいる私たちですが、縁劇フェスでは「ルミの愉快なお葬式」という作品をお届けします。シアトリカル應典院というお寺の劇場でお葬式の作品・・。少しソワソワしますが、よろしくお願いいたします!

かまとと小町のHPはこちら!!