体験型ワークショップ「解釈ってなあに」

baghdad café the 17th performance 「ばぐといっしょ」

製作:baghdad café (2009年優秀劇団)
読解と解釈の違いを知る、体験型ワークショップ「解釈ってなあに」を開催!!
戯曲(台本)と演技の関係を感じる、体験型ワークショップ「解釈ってなあに」を開催します。戯曲の読み方=解釈を考えて、それを実際に演じてもらいます。
解釈の違いによって変わる演技の変化を実際に感じることで、「読解」と「解釈」の違いを知る体験型ワークショップです。

演劇的な想像力をちょっと豊かに
演技が戯曲から、実際にどのように創られていくのか、演じる俳優たちと一緒に体験することで、演劇的な想像力をちょっと豊かに。観劇も少しちがった楽しみ方ができるようになるかもしれません。
そして、日常生活で利用できる演劇の技法についても考えてみる1時間半のワークショップです。

上演日時

4月10日(月)20:00  
4月11日(火)20:00  
4月15日(土)14:00  
場所:應典院 1F 研修室B

チケット料金

一般500円
共通パスをお持ちの方無料 (※参加1回)
予約・購入する

予約開始日:2017年2月19日(日)

QRコード